ヒゲって別になくても困らないよね?

 

 

ヒゲって、何のために生えてくるんですかね。
 

生物学的にこれといったメリットはないような気がするんですけど。
 
髪の毛は、まあ、人にもよると思いますが、あった方が良いに決まってます。
 
髪の毛は見た目の印象に大きく関わっていますからね。できる事なら一生付き合いたいものです。
 
一方で、ヒゲはといえば・・。うーん、なんかデメリットだらけのような気がしてなりません。
 
ビジネスのシーンでは(基本的には)失礼になってしまいます。
 
恋愛のシーンでは、異性に受けが良くありません。ですから、毎日のように剃らなければならないのですが・・。
 
実は私、ヒゲが非常に濃いことに加えて、敏感肌の持ち主でして、髭を剃るたびにカミソリ負けしてしまうんですよね。
 
なもんで、常にお口周りはヒリヒリとして、本当に不快です。だけども(前述のような理由から)髭を剃らないわけにはいかない・・。
 
うーん、個人的にはヒゲというのは正に百害あって一利なしの、全くもって無駄な毛だと言えそうです(正にムダ毛)。
 
でね、思うんですけど、ヒゲって、無くて困る事ってあります?
 
ヒゲが無いから恥ずかしい思いをするとか、ヒゲが無いから失礼な対応になってしまうとか・・。そんなことってないですよね。
 
ヒゲのメリットって強いて挙げるなら、ファッションというか、オシャレの要素しかないような気が・・。
 
となると、私のような、ヒゲの似合わない顔立ち(のっぺり系の典型的な大和民)の者には、ますます、なんのメリットも無さそうです。